鳩公害

鳩の公害における昨今の事情

鳩公害

鳩公害

鳩公害


近年では、鳩に関する苦情・相談が増加し、社会問題にまで発展しています。その多くは、私たち人間の暮らしの中に入り込んだ鳩の糞により起こる病原菌の媒介や羽毛によるアレルギー症状、鳴き声や羽音で起こる安眠妨害、鳩から出る大量の糞や悪臭等、身近なところで起こる健康被害が多発しています。 また鳩の糞は、建物の美観を損ねるばかりか、そこへ訪れる人々の気分までも損ないます。
そして、鳩の増加原因の一つに、人の手から与える餌が最も大きな要因となっていることも忘れてはいけません。人が餌を与え過ぎると数が増えすぎるばかりか、人を恐れなくなり自力で生きられなくなります。鳩は人から餌を貰わなくても自然環境の中で、木の芽や種子を食べて生きていけるのです。

鳩の糞害による主な被害

【病原菌・寄生虫によって起こる疾患と羽毛・乾燥糞によるアレルギー症状】
主に脳炎、サルモネラ菌食中毒、ピジョンオーニソージス、 ニューカッスル病、トキソプラズマ症、クリプトコックス症などハトの糞から伝染すると言われています。

ハトとのかかわりをもった病気の一つにオウム病もあります。ハトなどの野鳥から感染する病気でクラミジアに感染しているトリは糞便中にクラミジアを排泄します。
乾燥した糞が埃や羽毛などとともに舞い上がり、それをヒトが吸い込むことで感染します。

また、感染したハト(鳥)の羽毛や糞などに直接触れるなど濃厚な接触でも感染することがあり、ハトの羽毛や糞が飛び散る環境での生活は衛生的によくありません。

最近、ハトを含む野鳥から感染した多くの症例と死亡例が発表されており、ヒトの症状としては風邪に似た症状で、結膜炎、中耳炎、肺炎など様々な症状が発生しています。 このような感染の可能性を持った野鳥であるハトを私たちの暮らしに密接した場所におくことは問題だと考えられます。

【鳩の糞が鉄に付着することにより生じる腐食の促進】
ハトの糞害は病原菌だけではありません。AP通信は2007年8月22日米ミネソタ州ミネアポリスの橋崩落事故で、橋げたなどに溜まったハトの糞が鉄骨を腐食させる危険性を、約20年前に検査官が指摘しており、崩落の原因となった可能性があると伝えました。

ハトの糞にはアンモニアと酸が含まれ、乾燥した糞が水と混ざると化学反応を起こし鉄を腐食させます。そのまま放っておくと建物を痛める原因になります。
また、時間の経過とともに汚れは落ちにくくなり、ハトの飛来原因にもなりますので早めの清掃が必要です。